抜歯後も食事を楽しむ方法と食べてはダメな食品

解決抜歯読本 - 歯を抜く前・抜いた後に気を付けたい事
トップへ戻る
  • 解決抜歯読本トップへ
  • 親知らずの抜歯
  • 矯正の抜歯
  • 奥歯抜歯
  • 虫歯の抜歯
  • 八重歯の抜歯
  • 抜歯後の食事
  • 抜歯後の腫れ
  • 口臭と抜歯の関係
  • 抜歯後の感染

歯槽骨を吸収してしまう恐ろしい歯周病。歯周病バイブルは歯周病中期に良くある症状や治療方法を解説しています。

【抜歯後の食事】

抜歯後も食事を楽しむ方法

抜歯後しばらくは食事が取りづらいですが、食べられない訳ではありません。いくつかの注意点を守れば、いつも通りとまではいかないものの、難しくはありません。歯を抜いた後も、食事を楽しむ方法をご紹介します。

抜歯後は、麻酔が切れるのを待ちましょう

歯を抜いた後の食事は、長い場合には三時間ほど待たなければなりません。歯を抜いた後は、30分ほどで出血が止まります。しかし麻酔が切れるまでは食事を始めてはいけません。一時間から三時間ほどで切れますので、必ず待ちましょう。しかし、麻酔が切れると今度は痛みが出始める場合があります。痛み止めを処方されていれば、麻酔の効き目があるうちに飲んでおきましょう。

麻酔が聞いたままの食事は、大変危険です。神経が麻痺しているため、温度を感じ取ることができず、やけどをする可能性があります。また、知らずに唇や頬を噛んで、思わぬ怪我をしてしまうこともあります。長い場合には三時間ほど食事をとることができなくなりますので、抜歯前に食べておくことも一つの方法です。

傷口を庇って食事を

食事の際には、必ず抜歯していない側の歯を使いましょう。傷口に食べ物が触れたりすることを防ぐためです。これは、抜歯の後が治癒されるまで、しばらくは続けることになります。治癒が進行すると、傷口には血の塊が現れます。これを食べ物や舌で刺激し取れてしまうと、それだけ完治が遠のくことになります。気をつけましょう。

一部の食品を避けるように

基本的に、抜歯後の食事制限はありません。ただし、強く噛まなければいけないような、固いものや歯ごたえのあるもの、傷口を刺激するような辛いものやアルコール類は避けましょう。いずれも抜歯後に食べることは苦痛を伴い、治癒が遅れる原因となります。おかゆやうどん、ゼリーなど、噛む必要があまりない食べ物が人気のようです。しかし軟食は口の中に汚れが溜まりやすくなるので、ケアに気をつけましょう。

食べ物が傷口に詰まった場合は?

食事中に、誤って傷口に食べ物が詰まってしまうことがあります。しかしこれを無理に取ろうとすると、血栓が取れたり、傷口が広がったりする場合があります。食べ物が詰まること自体は問題ありませんので、口をゆすぐ程度に留めておき、気になる場合にはご相談ください。


Copyright (C) 2014 解決抜歯読本 All Rights Reserved.